細かな作業で大変な時間を要する日本の城のプラモデル完成品
アクセスアップ、SEOには欠かせない、
かんたん相互リンクのご利用はこちら
ホームお城屋さん・アクリルケース入り和歌山城・アクリルケース入り・縮尺1:550
商品詳細

連立式天守閣による三大名城の一つ

和歌山城・アクリルケース入り

ケースサイズ・国産・高級アクリル製

横幅:225mm×奥行:170mm×高さ:155mm

模型サイズ

横幅:175mm×奥行:115mm×高さ:85mm

■豊臣秀吉は1585年(天正13年)紀州を統一すると

自らの縄張りで虎伏山に和歌山城を築き、弟秀長の

重臣、桑山重晴を城主とした。関ケ原合戦の後は、その

功労により浅野幸長が入城、本丸、二の丸、三の丸のみ

だった城を石垣を用いて堅固なものにした。1619年

(元和5年)徳川家康の第十子、頼宜が入城し、大天守

小天守などの連立式天守群を設け、明治まで続いた。

紀州徳川家250年の牙城は昭和の戦争で焼失したが

市民の強い願いで1960年(昭和35年)ころより天守群

が復元され数少ない遺構も順次修理がされ現在に至る。

 ■写真は東西南北・上方向から撮影しております。

写真クリックで大きな写真を見ることができます。

 


和歌山城・アクリルケース入り・縮尺1:550[S-wakayama]

販売価格: 5,750円 (税込)
数量:
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

レビュー
0件のレビュー
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス